ガラス作品の制作工程 ≪髑髏茶碗≫

author
KANDA

ガラス作品の制作をやっています。制作過程などの紹介や情報など掲載していきます。

こんにちは。ガラス作家の神田です。

今回は、髑髏茶碗を制作します。髑髏茶碗は、一度制作してるけども同じものは出来ないので、似たものを製作します。

制作していたガラス板に下絵を描き、エナメルの黒色で黒の部分を描いていきます。(二椀制作します。)

白色を塗っていきます。

上に有るのが参考資料でそれを元に描いています。

白色塗り終わり。色を多く使うのは、以外に難しい・・。

残りを塗って完成。色が濃くなりましたが、はっきりしていてこれはこれで良いのでは?

電気炉でエナメル絵付けの焼き付け後です。(冷まして扉開けたところ)

色が抑えられて青みも、全体的にまとまった様な。。。

オレンジ

焼き付け後、電気炉から出して観察。

なかなか上手く描けているのでは?!

焼き付け後、電気炉から出して観察。

黒も上手くいってる様に見えるけども、白色が剥がれている部分がある。

上からコーティングするのと、これも味になるので OK!

コーティングの作業。

ガラスのパウダーを振りかけて、コーティングします。

以前の平盃でも使いました。

全体を通して結構、消耗品ありますよ!いろいろと

コーティング後。

出来立てホヤホヤでまだ熱いです。

絵も見えて何もないみたいです!

この後は、型に乗せてスランピングです。

今回は、ここまでです。

次回もよろしくお願いします。

関連記事

ガラス作品の制作過程の紹介

ガラス作品の制作過程の紹介②

ガラス作品の制作過程の紹介 ≪グループ展用の作品≫ その1

ガラス作品の製作工程 ≪髑髏茶碗≫ 2

ガラス作品の制作過程≪グループ展用の作品≫ その3

ガラス作品の制作過程の紹介 ≪ランプシェード編≫  3