拉ぎ

author
エルモア

雅楽演奏の技術向上のため、リード調整など手探りでやっていこうと思っています。

今日は拉ぎについてです。

火にかけながら先端を潰すのですが、私は基本的に2回に分けて拉ぎをします。

1回目はやや深めにコテで挟んで火にかけます。

2回目は先端をコテで挟んで火にかけます。

葦の厚みや堅さによっては1回で完全に潰せることもあれば、3回に分けることもあります。同様にかかる時間もまちまちです。

実際やっている様子は、ガスコンロ周りがあまりきれいじゃなかったため撮れませんでした。ごめんなさい<(_ _)>

代わりに参考になる動画を貼り付けておきます。

拉ぎ終わったものはすぐ開いてくるので、クリップに挟んで乾燥するのを待ちます。

乾燥後、貼ってある和紙を削り取ってうまくできているか確認します。パッと見て失敗しているものがありましたが、それはまた次回書きます。

関連記事

No image

篳篥の特徴(音程の変わりやすさ)について

胴周りの調整で気を付けること(その3)

細いリードについて

セメで抑えられない開きについて

セメを作る(その2)

No image

楽器ごとのコストについて(雅楽を始める人向け)