ガラス作品の制作過程の紹介 ≪アクセサリー編≫

author
KANDA

ガラス作品の制作をやっています。制作過程などの紹介や情報など掲載していきます。

こんにちは。ガラス作家の神田です。

アクセサリーに挑戦です!

簡単に説明すると、原型制作を始めたのですが小物(細かいレリーフ)に

まだ本格的に制作した事が無く、原型制作の練習として始めました。

原型制作用の粘土を使っています。(前にも登場)

細かい作業です!

集中している。時間たつのが早い!

思ったよりも目が疲れる(*_*;

慣れてないのかうまくいかない。。。

練習した幾つか(写真)

コインの中に武士。隣はドクロ。

1~2ヶ月練習し、ピンのアクセサリー(ドレスピアス)を制作する事に決めました。粘土で原型を制作して、繰り返し使えるようにシリコン制作をします。

それと、ドクロを使い上下に分かれたシリコン型も制作!

ドクロの半分を粘土に埋め、均して凹を作ります。

周りのブロックを積みシリコンを注ぎます。

注いだら固まるまで一晩(12時間位)待ちます。

写真は無いですが、ドクロの顔は串を使い静かに気泡が入らないようにゆっくりとシリコンを細く落とします。伝わるかな?

写真上手くシリコンが固まったので(凸も出ている)

次に反対側をシリコン流し込みます。この時シリコン同士くっつかないように

離型剤(シリコン用)を塗ります。

このまま一晩待ちます。

出来た!と思いきや顔の所ベトベトでやり直し✖

写真ぼやけていますが、修正して再度挑戦!

制作したピンのヘッドもシリコン流し込みます。

シリコン型出来上がり。

いよいよシリコン原型へ。

制作風景の写真が無いですが・・・

こんな感じで出来上がりました。

シリコン原型は成功ではないでしょうか。

ここからガラス用に型(耐火石膏)作りで道のり半ばです。

60%ですかね?

続きお楽しみに!

関連記事

ガラス作品の制作過程の紹介③

◇お知らせ◇

ガラス作品の制作過程の紹介 ≪ランプシェード編≫  3

ガラス作品の制作工程 ≪髑髏茶碗≫

ガラス作品の制作過程≪グループ展用の作品≫ その3

ガラス作品の制作過程≪グループ展用の作品≫ その2