WordPressに投稿した記事をTwitterに反映させる方法

author
21412

バナーの存在を知ったのは2年前。 好きな食べ物はメロンとスイカです。

私は、少し前までTwitterもFacebookもInstagramもしたことがありませんでした。
上司から「ニュース記事を更新して、SNSにもアップしてください。」と指示され、焦って不安になりました。
そんな時、WordPressとSNSを連携できるサービスがあると教えていただき、ほっとしました。
「IFTTT(イフト)」というサービスを使って、WordPressに投稿した記事をTwitterに反映させる方法を紹介します。

 

 

Q.IFTTT(イフト)とは?
A.異なるソーシャルメディアやプラットフォームを連携させるWEBサービスのこと。

 

 

【STEP1】
IFTTT側でWordPressを連携させる際、サーバー側のセキュリティ設定を変更する必要があります。
私は、自宅で「さくらのレンタルサーバ」を使っているので、さくらのレンタルサーバでの変更方法を書きます。
コントロールパネル≫セキュリティ≫国外IPアドレスフィルタ
≫国外IPアドレスからのアクセス制限「無効(制限しない)」にチェック
≫保存これでIFTTTとWordPressの接続連携が可能になりました。

 

 

【STEP2】
アカウント登録をします。
「Get started」をクリックします。

 

私は今回Googleアカウントで続行するので、「Continue with Google」をクリックします。
Facebookアカウントやメールアドレスなどからも登録できるようです。

 

 

【STEP3】
「Create」をクリックします。

 

トリガー(○○したとき)の作成をするので、「If This」をクリックします。

 

「RSS Feed」を検索し、選択します。
Q.RSS Feedとは?
A.ブログやオンライン マガジンなど、お気に入りのWEB サイトの最新情報を常に入手できる方法のこと。 サイトが RSS Feedを提供していれば、投稿があると通知が届き、投稿の概要または投稿全文を読むことができる。

IFTTT説明画像04

 

「New feed item」をクリックします。IFTTT説明画像05

 

「Feed URL」にはWordPressのダッシュボード内「設定」にある「WordPressアドレス(URL)を入力し、
「/feed」を付け加えます。
Create triggerをクリックします。
私は、ここでダッシュボード内「設定」にあるURLではないものを入力してしまい、先に進めませんでした。
その後、「/feed」の入力を忘れ、また先に進めずにだんだん嫌になってきました。IFTTT説明画像06

 

 

【STEP4】

Twitterとの連携をします。
「Then That」をクリックします。IFTTT説明画像07

 

「Twitter」を検索し、選択します。IFTTT説明画像08

 

私は画像も反映させたいので「Post a tweet with image」(画像付きのツイートを投稿)をクリックします。
IFTTT説明画像09

 

「Connect」をクリックします。
Twitterに関する情報を入力し、「連携アプリを認証」をクリックします。IFTTT10

 

Twitterに反映させる内容の設定をします。
「Tweet text」は、初期の状態では「EntryTitle」だけになっています。
私は、記事のURLとハッシュタグを反映させたいと思います。

 

私が「Tweet text」に入力した内容はこちらです。

 

<pre>(半角で入力)
EntryTitle(WordPress記事のタイトル、Add ingredientから選択したもの)
EntryUrl(WordPress記事のURL、Add ingredientから選択したもの)
#富山 #富山県 #障がい福祉 #就労支援 #就労継続支援(#とスペースは半角)
<pre/>(半角で入力)

 

「Image URL」は、「EntryImageUrl」(WordPress記事内最初の画像1枚が反映される)にしました。

 

「Create action」をクリックします。IFTTT説明画像11

 

【STEP5】

「Continue」をクリックします。IFTTT説明画像12

 

「Applet Title」に任意のタイトルを入力します。
「Finish」をクリックします。
これでニュース記事を更新したらTwitterにも反映されるようになりました。
IFTTTを使用する前までの記事は反映されません。
Twitterに反映されるまでには時間がかかることがあります。
IFTTT説明画像13

 

 

テストサイトを使って投稿し、1時間後に見てみるとTwitterに反映されていました。こんなことができるなんてすごいなと思いました。
私は、初めてのことや自分の知らないことに挑戦する時、必要以上に緊張して体が動かなくなります。
先日、IFTTTの機能を使わずに初めて会社のTwitter・Instagram・Facebookへの投稿を行いました。
間違えたらどうしようと不安になり、何回も確認するのですがなかなか「投稿する」ボタンが押せませんでした。
やっと投稿できて、実際に会社のSNSに載っているのを見た時、本当に嬉しくなりました。
私は、周りにいる何でもできる人と自分を比べて落ち込むことがよくあります。
私は、人よりも理解するスピードも仕事のスピードも遅いですが、少しずつできることを増やしていこうと思っています。

関連記事

今さら聞けないインターネットの仕組み

今さら聞けない!!インターネットの仕組み

商用利用可・レスポンシブ対応・無料テーマ「Cocoon」を使ってみよう

アンカーリンクの使い方

アンカーリンクの使い方

カラムブロックとボタンブロックを利用してリンクボタンを設置する方法

カラムブロックとボタンブロックを利用してリンクボタンを設置する方法

メディアの代替テキスト・タイトル・キャプション・説明とは

メディアの代替テキスト・タイトル・キャプション・説明とは?

商用利用可・日本語対応・無料・レスポンシブ対応WordPressテーマ

商用利用可・日本語対応・無料・レスポンシブ対応 WordPressテーマ