図紙について

author
エルモア

雅楽演奏の技術向上のため、リード調整など手探りでやっていこうと思っています。

先日投稿した新川神社での雅楽の新規募集を見て、自分が始めたての頃を思い出していました。

当時はやる気はあれど物や情報がなくて、どうやって上達すればよいか分からずもどかしい思いをしました(;^ω^)

図紙についても、どこでどんな物を買えばいいのか迷っていたので、今回は図紙について書きます。

 

図紙とは、リードの下の部分に巻く和紙のことです。習字紙でよいとも聞いて試してみましたが、水ですぐふやけてしまいました。やはり丈夫な和紙が最適だと思います。

 

私が教えてもらったのは、南砺の「悠久紙」です。

https://www.yukyushi.org/

厚み・和紙の種類は複数ありますが、0.2ミリの楮(こうぞ)紙を購入したと記憶しています。厚みも強度もちょうど使いやすくおすすめです。

 

図紙はリードを1周巻いて5センチくらいになりますが、1周分で音程が半音くらい変わります。

練習に行く前にチューナーなどで音程を確認して、図紙で調整しておくといいです。参考になれば幸いです。

関連記事

胴周りの調整で気を付けること(その2)

(龍笛)五に2種類の音がある

葦の長さを揃える

「春が来た」を吹いてみました

篳篥で開けてはいけない穴について

鉦鼓について