雅楽のテンポについて

author
エルモア

雅楽演奏の技術向上のため、リード調整など手探りでやっていこうと思っています。

今回は前回軽く触れた、雅楽のテンポについて書きます。

すみません、前回リズムと書いたのですが、説明がすごく長くなりそうだったので、まずはテンポに絞ることにしました。

 

演奏は龍笛のソロから始まります。ここで示されるテンポが基準となるので、他の奏者はよく聴いておく必要があります。

 

その後に他の楽器も加わって合奏が始まり、そこから少しずつテンポが速くなります。

焦って速くなっているように聴こえるかもしれませんが、敢えてやっているんです。

 

速くしていく理由は分かりませんが、緩急を付けるという意図なのかもしれません。

 

個人的には、吹いているとロングトーンが大変になってくるので助かります。そういった奏者の都合で速くなるのが基本になったのかも・・・など色々と考えを巡らせるのも、時にはいいものだと思いました。

 

以上を踏まえて聴くと、楽しみ方が増えるかもしれません。

関連記事

雅楽と織田信長

「ふるさと」を吹いてみました

(龍笛)五に2種類の音がある

セメを作る(その3)

展覧会報告

お茶に浸ける について