「仰げば尊し」を吹いてみました

author
エルモア

雅楽演奏の技術向上のため、リード調整など手探りでやっていこうと思っています。

「仰げば尊し」を吹いて録音してみました。

 

リードの調整で音程を上げるのが限界なので、1つ上の音の指使いで低めに吹いています。1番高い音についてはどうしようもないです( ノД`)

 

そういえば篳篥は吹き方で音程を変えることができるのですが、まだ紹介していませんでしたね。

今後はそういうことも記事にしていきたいと思いますので、来年もよろしくお願いします!

新春というこで、できるなら「さくらさくら」も吹いてみたいです。

 

今回のカラオケ音源は以下のものを使わせていただきました。

制作者様、ありがとうございます。

関連記事

「さくらさくら」を吹いてみました

削るとき失敗を減らす方法について

五常楽急を合奏してみました

篳篥の奏法「塩梅」について

セメ止めの段差について

お茶に浸ける について