重ね録りで思ったこと

author
エルモア

雅楽演奏の技術向上のため、リード調整など手探りでやっていこうと思っています。

前回重ね録りをしてみて気になったのは、やはりタイミングが揃わないことでした。

特に揃わなかった部分を切り抜きました。

篳篥の最後の音と龍笛の吹き始めが重なるのが正解です。

 

文では伝えにくいので、一部を録り直してみました。

篳篥を先に録音して、それに合わせるように龍笛を録音しました。

この作業をしていて、合奏練習で龍笛奏者が「ここを篳篥と揃える」とか話していたのを思い出しました。

 

雅楽では篳篥が主旋律を担うので、龍笛は篳篥をよく聴きながら演奏する必要があります。実際やってみて、それが大事であることがよく分かりました。

楽器が違うと雅楽の捉え方もだいぶ異なったものになるようです。新しい体験ができるのは楽しいものですね。

関連記事

セメを作る(その1)

No image

「ふるさと」を吹いてみました

帽子について(その1)

No image

お茶に浸ける について

No image

「さくらさくら」を吹いてみました

帽子について(その2)