帽子について(その1)

author
エルモア

雅楽演奏の技術向上のため、リード調整など手探りでやっていこうと思っています。

今までの投稿で「帽子」という単語を普通に使ってきましたが、あまり紹介していなかったような気がするので、今回は帽子について書きたいと思います。

 

以前も載せましたが、帽子の写真です。木の種類は桐とか檜とか様々です。

 

形状は台形のものが多いですが、長方形の物もあったり、特に決まりはないです。

 

帽子の役割としては、リードの先端に取り付けて保護することだと一般的に言われています。

「一般的に」と書きましたが、正しいかは分かりません。私が初めに教わったときにそう聞いたのと、そういうものだと自分でも思うことが根拠です。

 

しかし、私は実際に保護を目的に帽子を使うことはほぼありません。

ではどのような使い方をしているのか、文字数が多くなったので次の記事に書きます。

関連記事

葦の長さを揃える

セメを作る(その1)

拉ぎがうまくできなかった葦について

No image

篳篥の特徴(音程の変わりやすさ)について

胴周りの調整で気を付けること(その1)

葦の外皮を削る